So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

「播磨灘物語」 [本]

司馬遼太郎の「播磨灘物語」を読みました。

IMG_1266.JPG

主人公は軍師、黒田官兵衛です。戦国時代末期の異才です。
以前読んだ「箱根の坂」の主人公、北条早雲の生き様も感動しましたが、この黒田官兵衛も
早雲に劣らず魅力ある人物です。2014年の大河ドラマでも岡田准一さんが官兵衛役を
熱演していました。

天才軍師ゆえ、抜群の信頼をしていた豊臣秀吉さえ彼を警戒していたのも頷けます。
警戒と同時に嫉妬していたのかもしれません。自分より能力のある人間を疎ましくなるのは、
人間の性といえましょう。それを察して早々と息子に家督を譲ったのも、官兵衛らしいと
いえます。千利休と同じ道(切腹)を辿るのを回避した可能性は大です。

黒田官兵衛を凄いと思う点は数多くあります。

一つには生に対する執念。謀反を起こした荒木村重を説得しに行き、捕らえられて1年以上
牢獄に閉じ込められ、足も変形したにも関わらず、決して生きることを諦めませんでした。

一つには城主小寺藤兵衛を最後まで見捨てなかった忠誠心。藤兵衛の嫉妬が、官兵衛の
幽閉に繋がった説もある中、普通なら復讐心があってもおかしくはありません。

一つには備中高松城を水攻めすることを秀吉に進言したアイデアマン。また本能寺の変で
中国大返しを助言(殿チャンスですよ!)したのも官兵衛だとすると、秀吉にとっては
最高の名参謀だったはずです。

天下は取りたいが決して無理はしない。人に従う時も謙虚ですが、必要以上に媚びない
官兵衛は、仮に10倍の敵がいようとも勝つ男と言えます。

官兵衛は一人も側室を置かず、生涯、妻光だけを愛し続けてきたというのがこれまでの
定説でした。しかし、先日BSプレミアム「偉人たちの健康診断」で、官兵衛の死の原因
は梅毒と解説していました。それが本当なら、美談もすこし色褪せますが、人間らしいと
いう捉え方もできます。

現代においても、仕事で成功するためには、2つのファクタが必要であることに気づか
されます。一つは自分を引き上げて(認めて)くれる人間に出会うこと。秀吉の場合、
間違いなく織田信長でしょう。二つ目には、優秀なブレーンがいること。自分一人でやれ
ることは限界があります。片腕となって動いてくれる部下がいて、成果は2倍にも3倍に
も跳ね上がります。官兵衛のような部下が欲しいと思う経営者は多いはずです。しかし現実
には、そうした人物は中々いないものです。

それにしても、官兵衛をはじめとする歴史上の英雄に実際に会ってみたいものです。
そんな空想に耽っていると、瞬く間に時間は過ぎていきます。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

養老の滝と千代保稲荷神社 [旅行・ドライブ]

気温も20度を越え、絶好のドライブ日和です。
家内と一緒に「養老の滝」「千代保稲荷」に行ってきました。

高速岐阜羽嶋インターを降りて養老公園の一番奥深い山中に「養老の滝」はあります。
目的地までの道幅は狭くて、対向車がくるたびにヒヤヒヤの連続です。(何度か路肩の
ある場所までバックせねばなりません)
肝を冷やしながらやっとの思いで到着した滝近くの駐車場は有料で、千円と少々お高い
です。気を取り直して5分ほど歩くと、落差のある滝が視界に広がります。

IMG_1275.JPG

養老の滝は、岐阜県養老郡養老町にある落差32㍍、幅4㍍の滝です。
岐阜県により設置された養老公園内にあり、揖斐関ヶ原養老国定公園に属しています。
日本の滝百選・菊水泉として名水百選に選定されていることでも知られています。
日本昔話にも養老の滝は、『親孝行な木こりが、湧き出た水をひょうたんに汲み、
父に飲ませると若返った』という孝子物語がありました。

近くから見ても、距離を置いてみても飽きることはありません。

IMG_1277.JPG IMG_1274.JPG

次の目的地である「千代保稲荷神社」へ向かうため滝から山中を下っていると、
石碑を見つけました。

IMG_1281.JPG IMG_1282.JPG

「元正天皇行幸遺跡」と刻まれています。この地を行幸した元正天皇は、
『醴泉は、美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、
霊亀三年を改め養老元年と成すべし』との詔を出し「養老」に改元したとのことです。
元正天皇は第44代女天皇(在位:715年10月3日ー 724年3月3日)。 父は天武天皇と持統天皇
の子である草壁皇子、母は元明天皇となります。

10847430.jpg

地元では「おちょぼさん」の愛称で親しまれている「千代保稲荷神社」

IMG_1285.JPG

日本三大稲荷の1つとも言われ、季節を問わず年間二百万人もの参拝者が訪れるそうです。
コロナウィルスの影響で人出は少ないのではと思っていましたが、杞憂でした。実に多くの
人が参拝していました。

IMG_1288.JPG IMG_1304.JPG

千代保稲荷参道には、100軒以上のお店がズラリ並んでいます。立ち食いや食べ歩きが
時間を忘れて楽しめます。

IMG_1302.JPG

中でも「おちょぼ名物」の串カツは、店頭での立ち食いが醍醐味です。

IMG_1301.JPG IMG_1299.JPG

山のように積まれた熱々の串カツをどて煮の味噌に浸けて、キャベツと一緒にいただきます。
私も串カツ、どて煮の両方いただきましたが、何本でもいけます。他店で買ったたい焼も
食べ歩きして楽しみます。

これとは別に、生まれて初めて食べたものがあります。「なまず」です。
やまとというお店で、なまずの蒲焼がメニューにあり思わず注文してしまいました。
「なまずランチ」は秋篠宮殿下が、命名したと書かれていました。

IMG_1303.JPG IMG_1295.JPG

見た目はグロテスクですが、味は鰻に比べてあっさりしていて中々美味しかったです。
少々小骨が多いのが難点でしょうか。
それでもこの歳になって初めて食したので、記憶に残るものとなりました・・。

先週に引き続き、少々遠出をして、名勝や美味しい食事を堪能しました。
気候もいよいよ春らしくなってきており、コロナウィルスで消沈せずはりきって
いこうと思います。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ぎふ清流里山公園 [旅行・ドライブ]

朝から晴天に恵まれていたので、家内と一緒に「ぎふ清流里山公園」までドライブに
出かけてきました。

IMG_1212.JPG

「ぎふ清流里山公園」は、岐阜県美濃加茂市の日本昭和村を2018年4月、里山を
コンセプトとする施設として名前を変えてリニューアルオープンしました。
日本昭和村を訪れたのは2007年10月ですので、実に12年半ぶりとなります。

https://tomo35.blog.ss-blog.jp/2007-10-13

その時は、名誉村長である中村玉緒さんも来ており今では懐かしい思い出です。

ぎふ清流里山公園となって、驚くことに入園料は無料です。駐車場も同じく無料でした。
昭和村の時にあった建物は壊さずにそのまま利用されていました。

入門した右手に「昭和座」の建物があります。コロナウィルスの影響で閉館していたのが
残念です。

IMG_1217.JPG IMG_1219.JPG

ちょうど菜の花畑が見頃でした、伊良湖の菜の花ガーデンのような規模は無いですが、
心が癒されます。

IMG_1216.JPG


園内にはレストランも有り食事も楽しめます。

IMG_1225.JPG IMG_1222.JPG

昭和村の時にあった「やまびこ学校」は、「昭和パビリオン」に生まれ変わっていました。
ここはノスタルディックに浸れる場といえます。

IMG_1227.JPG

昭和の時代を知る人なら懐かしいものばかりです。

IMG_1229.JPG IMG_1230.JPG

日本人の平均的な住まいである居間や台所は、こんな情景でした。しかし昭和の中でも
30年代くらいでしょうか。ちゃぶ台が妙に懐かしいです。

オート3輪を見ることは、今は皆無ですね。

IMG_1228.JPG IMG_1232.JPG

子供の頃、近所の駄菓子屋。小銭を持って駄菓子を買うのは実に楽しかったです。
当たりくじ付きの駄菓子もあり夢中でした。

IMG_1235.JPG IMG_1236.JPG


昭和村の時にはなかったのが「里山ふれあい牧場」です。

IMG_1243.JPG

場内一周500円で馬に乗ることができます。
小さな子供達が楽しそうに並んで順番待ちしていました。

IMG_1244.JPG IMG_1250.JPG

「双六学校」は昭和6年3月に竣工した小学校です。

IMG_1258.JPG


IMG_1255.JPG IMG_1256.JPG

昭和40年まで実際に使われており、広く村民の心のよりどころだったようです。
私も小学校1年生の時は、まだ校舎は木造でした。

この他にも、ボートに乗ったり、登り窯で陶芸の体験ができたり、入園無料でこれほど
充実している施設は珍しいと思います。

IMG_1252.JPG IMG_1263.JPG

コロナウィルスの影響で外出するのも憚れますが、家でじっとしているのも限界が
あります。その点、ここ「ぎふ清流里山公園」は敷地が広大で、公共施設も自然も
両方満喫でき、あまり他人を気にしないで済む稀有な存在です。
入園が無料なので、その分お土産物屋で、目一杯買い物をしました。

本当に楽しかったです!
nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

すかいらーくホールディングス [株主優待]

すかいらーく(東証1部:3197)から株主優待が届きました。
確定月は6月末、12月末の年2回です。

IMG_1209.JPG

500株で18000円分(5000円*3枚、3000円*1枚)の優待カードです。

株価の暴落がひどいですね。
こうした有事の時には、パニック売りしてしまいがちですが、心を強くして、
逆張りします。
このすかいらーくも、更に500株買い増しして合計1000株としました。
1000株だと12月が36000円分、6月が33000円分で、
合計69000円分の優待カードとなります。
愛知県だと、ガスト、バーミヤン、ステーキガストなど使える店が限られていますが、
アプリと併用すると超お得です。
更にガストは平日夕方までならビールは何杯飲んでも1杯200円ですし、
個人的には赤ワインのデキャンタがお勧めです。

しばらく株の暴落は続くでしょうが、欲しい優待株を仕込んでじっと推移を見守ろうと
思います。





nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

清州城 [名古屋・愛知の見所]

昨日、家内と一緒に清須市にある「清州城」に行ってきました。

IMG_1178.JPG

以前から訪れたいと思っていたのですが、中々行く機会がなくやっと実現しました。
大河ドラマ「麒麟がくる」を毎週楽しみにみていますが、清州城はまさにその時代と
重なり合います。

10847430.jpg

「清州城」の歴史を簡単にまとめると、
1405年、尾張・遠江・越前守護の管領斯波義重によって築城されました。
その後、織田信秀が古渡城に拠点を移すと守護代織田信友が入城しましたが、1555年
織田信長と結んだ織田信光によって信友が殺害され、以降信長が那古野城から移って
大改修を加えた後、本拠として居城しました。信長は、この城から桶狭間の戦いに出陣する
など、約10年間清須を居城としたのです。1562年には信長と徳川家康との間で同盟が
この城で結ばれました(清洲同盟)。その後信長は1563年に美濃国斎藤氏との戦に備えて
小牧山城に移り、以後は番城となったのです。
1582年、本能寺の変で信長が斃れると、清洲城にて清洲会議が行われ、城は次男織田
信雄が相続しました。小田原征伐後の豊臣秀吉の国替え命令に信雄が逆らって除封され、
豊臣秀次の所領に組み込まれた後、1595年には福島正則の居城となりました。

1609年徳川家康によって、清須から名古屋への遷府が指令されると、1610年より
清須城下町は名古屋城下に移転されました(清洲越し)。清須城も名古屋城築城の際の資材
として利用され、特に、名古屋城御深井丸西北隅櫓は清須城天守の資材を転用して作られた
ため「清須櫓」とも呼ばれています。1613年、名古屋城の完成と城下町の移転が完了し
たことにより廃城となったのです。

10847430.jpg

実際にあった清洲城の場所は、城跡は開発によって大部分は消失し、さらに東海道本線と
東海道新幹線に分断されていて、現在は本丸土塁の一部が残るのみです。

IMG_1193.JPG

東海道本線北の城跡(清洲古城跡公園)には、信長公を祀るお社、清洲城跡顕彰碑が
あります。

IMG_1189.JPG IMG_1188.JPG

そして東海道本線以南の城跡(清洲公園)に信長の銅像があります。

IMG_1185.JPG

この銅像は、織田信長が26歳の1560年、「桶狭間の戦い」に出陣する姿を模した
銅像で、桶狭間の方向を見据えているとのことです。信長像のすぐ近くには、濃姫像も建立
されていました。
大河ドラマ「麒麟がくる」では、濃姫が重要な役どころで出演していますが、実際は
ほとんどどんな人生を歩んだか不明です。信長の正室であったことだけは確かです。

10847430.jpg

現在の天守閣についてです。
1989年に旧・清洲町の町制100周年を記念して、清洲城跡に隣接する場所に建設された
鉄筋コンクリート造の模擬天守です。
訪れた日は、案の定コロナウィルスの影響で閉門され、中に入ることはできませんでした。

IMG_1172.JPG

IMG_1177.JPG


創建当時の絵図が残っていないため、その規模も不明なため、外観や規模は、実在した
当時を想像して設計されたものだそうです。

戦国時代に戻って、この地で、清州同盟や清州会議が実際に行われたと考えるだけで
ワクワクしてきます。歴史って本当に楽しいです。





nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

サガミホールディングス [株主優待]

サガミホールディングス(東証1部:9900)から株主優待が来ていたので、
和食処サガミで食事をして来ました。
優待の確定月は、3月末、9月末の年2回です。

IMG_1196.JPG IMG_1207.JPG

1000株で食事券(500円×30枚)です。
サガミは、麺類主体で、名古屋が地盤の外食チェーンです。
私は大の和食好きなので、サガミのようなお店は本当に大切です。
お祝い事には「木曽路」、普段ちょっと和食が食べたいと思ったときは、
「サガミ」といったところでしょうか。
しかし株の大暴落で、今日現在株価は1111円と最安値を付けています。
また配当も100株当たり5円と、超低配当なのも残念です。

とは言え、年間30000円分の食事券は、使い応えがありますし、店の雰囲気も
木の温もりがあって気に入っています。

本日頼んだ料理は、「サガミ膳」。ボリュームがあって彩りも綺麗です。

IMG_1201.JPG IMG_1197.JPG

家内は、「そば御膳」を注文しましたが、一の膳、二の膳、デザートと更に
ボリュームあるものでした。

IMG_1200.JPG IMG_1205.JPG IMG_1206.JPG

コロナウィルスの影響で、やはり客足は少なかったですが、負けずに頑張って欲しい
ものです。





nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

一丸で乗り切ろう!コロナウィルス [雑感]

新型コロナウィルスが、全国で猛威を振るっています。

本日、綾小路きみまろの爆笑スーパーライブを家内と一緒に観に行く予定でした。
前売りチケットは既に買っており、この日は大いに笑おうと楽しみにしていました。

IMG_1171.JPG IMG_1168.JPG

ところが先日、安倍首相が、イベント類を控えて欲しいとメディア発信すると、それに
呼応するかのようにコンサート・イベントの中止や延期が、相次いで発表されました。
なんとなく嫌な予感がしたのですが、昨日昼前、綾小路きみまろの公演も4月延期の
お知らせがメールで届きました。それにしても公演前日の連絡とは・・・
決行するなら、例え一人でも行こうと考えていたのでショックでした。

感染力の拡大を考えれば、決定は致し方ないかもしれませんが、それにしても残念です。
まあ中止ではなく延期ですので、楽しみが少し先延ばしになったと前向きに考えることに
しましょう。

それにも増してショックなのは、この5日間で、東証株価が2200円程さがって
いることです。リーマンショックの時と同じような感覚です。あの頃のように一喜一憂
する心理状態ではありませんが、売却か塩漬けか判断が難しいです。2016年の英国
のEU離脱発表時、慌てて持ち株を売った時は、思ったほど下がりませんでした。

何はともあれ、コロナウィルスが一日も早く落ち着くことを切に願うばかりです。
nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

タマホーム 優待 [株主優待]

タマホーム(東証1部:1419)から株主優待が届きました。
確定月は5月、11月の年2回です。

IMG_1167.JPG

商品はクオカード500円分です。
最近テレビコマーシャルで放映されている、「今田美桜(いまだみお)」さんの
クオカです。昔流行った聖子ちゃんカットで、なんだかとても懐かしいです。

タマホームの優待クオカードの図柄ですが、過去にも「木村拓哉」、
「もいろクローバー」など、テレビCMに登場した俳優であることが多いです。
記念に取っておこうと、使用するのが勿体ない気持ちになります。

会社の業績も順調で、配当も7000円と高い配当性向となっています。
株を取得して3年経つと、クオカードも500円から1000円にUPします。
今度はどんなカードが届くのか、楽しみにしながらホールドしていくつもりです。
nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

歩こう歩こう [健康]

尿酸値を下げる薬を飲んで4日、足の小指は腫れたままですが、ありがたいことに
痛みが消えました。
痛風を克服するには、運動が一番ということで、家内と一緒に散歩に出かけます。
よく利用する「椎の木とイノシシ」でランチを食べるためにこの店まで歩くことに
しました。「森林公園」の植物園内を通って行くことにしました。
入園料は、大人一人220円かかりますが、広大な敷地で自然を満喫できます。

IMG_1148.JPG IMG_1152.JPG

様々な木々、大きな池も2つあります。

IMG_1149.JPG

IMG_1150.JPG


昨年、6月2日、ここで天皇陛下と皇后が来られ全国植樹祭が行われました。

IMG_1153.JPG IMG_1155.JPG

そうこうするうちに「椎の木とイノシシ」に到着しました。
片道で約8000歩、お腹もペコペコです。

IMG_1163.JPG IMG_1158.JPG IMG_1161.JPG

前菜に2種類のパン。スープが濃厚で五臓六腑に染みます。

IMG_1160.JPG IMG_1159.JPG IMG_1164.JPG

メイン料理は、私は「じっくりにこんだ牛頬肉のビーフストロガノフ風」、家内は
「渡り蟹とたっぷり魚貝のペスカトーレロッソ」。
牛頬肉はよく煮込んであって口に入れた瞬間とけてしまいます。

このお店は、ゴルフ場内にあるので、食事しながらラウンドする景色を眺めることが
できます。晴天で実に気分がいいです・・・。

帰りも二人でゆっくり雑談しながら帰りました。
自宅に到着して、万歩計をみると14586歩、約10キロ歩いたことになります。
毎日これくらい歩ければ、あっという間に痩せることができそうです。
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

地獄の痛みです! [健康]

先週木曜の朝方、寝ていると左足の激痛で目が覚めました。
厳密にいうと左足の小指です。みると小指が薄っすらと赤く腫れています。
その時は、しばらくすれば治るだろうと軽く考えていました。が、それは甘い考えでした。
時間が経つにつれ、痛みは増すばかり。我慢できず、先週の土曜日に整形外科に駆け込みます。
レントゲンを撮って医者から言われたのは「痛風」でした。
取りあえず5日分の薬をもらいましたが、痛みは和らぐどころか、日増しに大きくなり
ました。靴をはいていると擦れて激痛が走り、歩行も一苦労です。
今日現在の私の小指はというと、通常の2倍に膨れ上がっています。

IMG_1145.JPG
(お見苦しい写真で申し訳ないですが・・)

思い当たることといえば、年明けから体重が2㌔以上増加しています。
「痛風」の最大要因であるプリン体(ビールやレバー等)を避け、もう少し体力をつけよう
と、悲壮たる決意した次第です。
これから、再診に行ってきます。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ロングライフホールディング 優待 [株主優待]

ロングライフホールディング(東証JQS:4355)から株主優待が届きました。
確定月は10月末です。

IMG_1139.JPG

商品は、ロングライフダイニング(株)販売の「ロングライフカレー」詰合せ8箱です。
去年までは100株で4箱届いていたのですが、200株以上に条件が変わったため、
すぐ100株買い増ししました。商品は倍になったので、特に不満はありません。
ここのカレーは、お肉がたっぷり入っていて美味く、200株でも7万円台で株を購入
できます。

ちょっと前にフジオフードシステムから「まいどおおきにカレー」が15袋届いたばかり
でどんどん量が増えていますが、長期保存がきくので、せっせと食べたいと思います。

貴重な10月の株主優待なので、末永くホールドしていくつもりです。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「箱根の坂」 [本]

司馬遼太郎氏の「箱根の坂」を読みました。

IMG_1138.JPG

司馬先生の作品は読むたびに何がしの感動があり、発見があるのですが、この小説は特に
心に残るものでした。
主人公は、室町時代に生きた北条早雲です。
武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉などは世間で実に良く知られていますが、
北条早雲はそれに比べて知名度は低いように思われます。
しかし、この本を読んで、早雲の人となりを知るにつれ、その人間的な魅力に引き込まれ
ました。今あらためて戦国時代で一番好きな武将はと聞かれれば、北条早雲と答えること
でしょう。

早雲の本名は伊勢宗瑞。早雲自身は生前一度も「北条早雲」を使ったことは無かった
といわれています。驚くべき事実は、歴史の表舞台に登場したのは55歳の時です。
当時は人生50年といわれた時代ですので、超遅咲きといえます。亡くなったのは
1519年、満で87歳ですからまさしく超人です。
「戦国時代」という言葉が使われますが、1493年早雲61歳の時の堀越公方の
家督争いに乗じて伊豆に出兵し足利茶々丸を追い出し伊豆を占領した時から、
戦国時代の始まりとも言われています。1495年には、小田原藩主大森冨藤頼を
謀略し小田原城を奪い、1516年84歳の時、新井城を攻略し、相模・三浦氏を
滅ぼして相模を平定します。この生命エネルギーは、他の武将にはないものと思います。
50歳で結婚、61歳で三男幻庵を生んでいるなど、超人の名にふさわしいと言えます。

早雲を好きになった理由として、早雲には欲深さがなかったことがあげられます。
斎藤道三などと違い、私欲で国を盗んだのではありません。
晩年の戦いのほとんどは、駿河の今川氏親からの要請によるものであり、早雲自身の
利害とは関係ありません。甥の氏親への義理堅さは美しくもあります。

もう一つ、この小説に引き込まれた理由として、題目に箱根が使われているように
舞台が、駿河、伊豆、小田原、三浦と、私にとって思い出深い土地であることです。
私自身小学校6年から約3年間、静岡県の御殿場市に住んでいました。この3年の
間、休みの日には、父と山登りと史跡名勝巡りをして過ごしていました。
富士山はもちろん、愛鷹山や箱根連山も踏破し、早雲の辿った軌跡が手に取るように
分かります。小説内に出てくる、三島大社、小田原城、油壷なども全て実際に訪れている
ので、懐かしさがこみ上げてくるのです。

歴史小説を読むと、実際に事が起きた地を訪れて見たいという思いが、ふつふつと
湧いてきます。だから司馬先生の作品は止められません。
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

『キャッツ』 [映画・TV]

昨日より公開された『キャッツ』を、本日観てきました。

IMG_1137.JPG 1016225_01.jpg

1981年にロンドンで初演されて以来、観客動員数は世界累計8100万人、
日本公演も通算1万回を記録するなど、世界中で愛され続けるミュージカルの
金字塔「キャッツ」を映画化したものです。

正月、私の希望で『お帰り寅さん』に付き合ってくれた家内が、今度はこの『キャッツ』を
どうしても観たいというので本日付き合いました。
家内は若い頃、劇団四季が演じる「キャッツ」を観て、当時の感動が忘れられないとのこと
です。

個人的には『サウンド・オブ・ミュージック』、『ウェスト・サイド・ストーリー』、
『シェルブーヌの雨傘』等、好きなミュージカル映画もありますが、好んで見る程では
ありません。数年前に上映されたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』も正直それ程印象
に残りませんでした。

この作品ですが、正直言うと前半は少々退屈でした。それでも後半は、結構ぐっとくる
シーンがあります。特にジェファニー・ハドソンの歌う「メモリー」は、心に染みました。
主役のフランチェスカ・ヘイワードも、踊りは抜群に上手く、とても愛くるしかったです。

映画も自分の嗜好に偏る傾向がありますが、領域が違った作品を観るのも、それなりに
新しい発見があり、いいものだと思った次第です。
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

3年ぶりに広島 [雑感]

昨日から一泊2日で広島へ行ってきました。

IMG_1095.JPG IMG_1098.JPG

目的は、入院している叔母のお見舞いです。
広島駅新幹線口から、無料送迎バスに乗り、片道1時間で病院に到着します。
外観も内観も、病院というよりまるでホテルでした。

IMG_1101.JPG IMG_1100.JPG

病室で叔母と1時間程昔話などして過ごしました。かなり容態は悪いようですが、
愛知から来た私を見て、凄く喜んでくれたことが救いです。

無理すれば日帰りも可能でしたが、午後からの面会だったこと、翌日は日曜ということも
あり、ホテルを予約してその日は宿泊しました。
病院からの復路のバスで、途中横川駅前で降りホテルまで散策します。
ホテルは「広島城」の近くでしたので、夕方近くでしたが立ち寄ります。

IMG_1113.JPG IMG_1105.JPG

広島城は、1589年に毛利輝元によって築城されました。次に入城した福島正則は、
広島城の整備をさらに進め、西国街道を町人町に引き込むなど城下町の拡充を図りました。
しかし城を無断で修築したことを理由に改易され、その後和歌山から浅野長晟が城主として
入城しています。昭和20年に原子爆弾により全て焼失し、今ある姿は昭和30年以降
に建てられたものです。

IMG_1107.JPG IMG_1111.JPG

それでも夕日に映える、お城は本当に美しかったです。

本日宿泊するホテルに到着します。
普通のビジネスホテルですが、一人宿泊なのにセミダブルの部屋を用意してくれていました。

IMG_1114.JPG IMG_1115.JPG

翌朝、遅めのチェックアウト。
そのまま帰るのも勿体ないと思い、これもホテルからすぐ近くにある「縮景園」
訪れます。市内の観光スポットはこれまでほとんど巡っていますが、ここは初めてです。

「縮景園」は、広島藩初代藩主 浅野長晟が別邸の庭園として築成した大名庭園です。
中国の世界的な景勝地「西湖」を模してつくられたと伝えられている園内は、山川の景、
京洛の態、深山の致を庭の中に縮景していることから「縮景園」と名付けられました。
園の中央に掘られた池には大小の島が浮かび、巧妙に配置された渓谷、橋、茶室を回遊し
ながら楽しむことができることから、回遊式庭園とも称されています。

IMG_1135.JPG IMG_1119.JPG

浅野氏広島城への入城400年の幟が立っています。
入場料は260円と随分お値打ちです。

IMG_1121.JPG IMG_1126.JPG

「悠々亭」は古く歌会や納涼茶会に使用されたものです。
「明月亭」は内部に茶室、控之間、水屋之間、玄関之間があり数寄屋造りとなっています。

築山から一望する全景は素晴らしいの一言です。背後に立つ高層ビルとの対比が何とも
言えません。

IMG_1123.JPG

叔母の見舞いではありましたが。3年ぶりの広島は随分懐かしいものがありました。
広島駅前も高層ビルが立ち並び驚くほど再開発が進んでいます。
街並み一つとってもこれだけ変貌しているのですから、歳を取るのも十分納得できます。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

男はつらいよ お帰り寅さん  [映画・TV]

昨日、映画「男はつらいよ お帰り寅さん」を観てきました。

IMG_1082.JPG 20190701_01.jpg

待望の第50作目です。49作が上映されたのが平成9年11月ですから、前作から
実に20年以上経っています。
正直泣けました。始まってから最後まで、ずっと涙が止まりませんでした。満男を始め
として回想シーンで寅さんが度々出てきて、あんな素敵な寅さんが今はいないという
その寂しさと切なさが、泣けてくる理由だと思います。

思えば娯楽が少なかった時代、映画は人々を楽しませる最大のツールでした。その中でも
「男はつらいよ」は正月映画としては定番中の定番でした。
第1回作品の上映は1969年ですので、今回はまさしく50年目の第50作なのです。

驚いたのは過去の映像が数多く出てくるのに、最新のデジタル加工がされていると思うの
ですが、画質の違和感も全くありません。そして歴代のマドンナ全員が、この1本の映画に
映し出されています。

上映が終わって、売店で1200円出して1冊の本を買いました。

IMG_1092.JPG IMG_1089.JPG

平成4年に購入した「男はつらいよ寅さん読本」という本が、私にとっての寅さんの
バイブルでしたが、この本は第45作までしか載っていないので、今回買った本で、
寅さんに関する知識をほぼ全て網羅することができそうです。

観客を見ると、ほぼ全て60歳以上でした。個人的には若い人たちにも是非観てもらいたい
素晴らしい作品です。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

三が日は穏やかな日が続きます [雑感]

午前中、地元の多度神社に参拝します。
3日目ともなると、参拝客もまばらです。
境内ではお焚きあげをしていました。

IMG_1078.JPG IMG_1077 - コピー.JPG

おみくじをひくと小吉でした。ここ数年大吉がでません。

神社をあとにして散歩がてらコメダで昼食です。
おせち、雑煮と続いていたので、久しぶりのパンです。
とはいえ、私は満腹プレート(ヒレカツ5個入)と結構ヘビーなものを注文しました。

IMG_1081 - コピー.JPG IMG_1079.JPG

コメダの株主になってからは、ここをよく利用するようになりましたが、メニューはどれも
ボリュームがあります。
天気にも恵まれ、年明けから穏やかな日が続きます。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

明けましておめでとうございます [雑感]

2020年のスタートです。

午前中、義母の家に出向き、家族、親族で食事会です。
場所は昨年同様「木曽路」(料理は初日)です。

IMG_1055.JPG

その後、久しぶりに上野天満宮に初詣に参りました。

IMG_1072.JPG


大変な人の賑わいでした。
今年は自分にとって節目の年です。
張り切ってこの1年過ごしていこうと思います。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年を振り返る [振り返り]

2019年もいよいよ終わります。
「平成」から「令和」に変わった年として生涯記憶に残ります。

昨年同様、自然災害が多かった1年でした。特に台風15号、19号は甚大な被害が
生じました。日本全土、どこの地域も満遍なく災害は襲ってきます。

今年も多くの著名人が亡くなりました。
俳優では、萩原健一さん、八千草薫さん。
萩原さんの「傷だらけの天使」は衝撃的でした。ちょっとHなシーンもあって子供ごごろに
ドキドキしながら見ていました。「前略おふくろ様」も実に味なある役を演じていました。

949.jpg

また「男はつらいよ」でマドンナ役の八千種さんは、シリーズの中でも一番好きでした。
あんな綺麗で可愛らしさも兼ね添えた女優はいません。
国鉄民営化や日米同盟強化に尽力を尽くした中曽根康弘元首相も101歳で亡くなられました。
対米関係で、「ロン・ヤス」関係を築いたのは心に残ります。できれば東久邇宮成彦元首相の
102歳という長寿記録を超えて欲しかったです。

家族での変化は、6月に子供が一人暮らしを始めました。自身もそうでしたが、自立推奨派
ですので、子供の決断は素直に喜んでいます。
勝手気ままにやっていると思いますが、炊事、洗濯一人でこなして、少しは親のありがたみ
を感じているでしょうか・・。

私も家内も、大きな病気やケガもせず1年を過ごすことが出来ました。
外で飲む回数もぐっと減りましたので、お酒での失敗もありませんでした。
「六星占術」での大殺界が今年終えることに、正直ほっとしています。
心配事なく新しい年を迎えることができそうで、こんな幸せなことはありません。

さあ、子供がもうすぐ帰ってきます。皆揃ったら墓参りです。
亡き両親と兄貴、私達家族を見守ってくれてありがとうございます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4年振りの再会 [振り返り]

埼玉に住む友人が遊びにきました。
彼とは4年振りの再会です。今年7月に彼が会社を立ち上げたので開所祝いを贈ったのですが、
そのお礼を兼ねて名古屋まで来てくれたのでした。
ランチ後、本人のリクエストで、私の車で名古屋城、本丸御殿を見学する予定でした。
ところが目的地に着くと、駐車場は全て封鎖されています。看板を見ると今日から休園
となっています。仕方なく外堀からお城の写真をパチリ。

IMG_1049.JPG

その後、「徳川美術館」に行ってみましたがここも同様に休園でした。
その後私の自宅に行き、しばし小学校時代のアルバムを見ながら思い出話で花を咲かせました。

彼と私は、非常に似た人生を歩んできました。
お互い父親が転勤族で、小学校3年の時、私は愛知から、彼は東京三鷹から広島の同じ
小学校へ転校してきました。またお互い大学を卒業後、就職した先はIT企業でした。
そのおかげで今から12年前に横浜パシフィコで再会することができました。
更にほぼ同じ年月に長年勤めていた会社を早期退職したのでした。
私はそのままセミリタイアしましたが、彼は起業という道を選びました。大きな挑戦です。
人生100年時代といわれるようになったので、これからは彼のような生き方も珍しく
なくなるのかもしれません。無理せずマイペースでやって欲しいものです。

夜、予約しておいた観光ホテルのビュッフェで食事をします。

IMG_1050.JPG

「蟹フェア」でしたが、ここはハズレがなく、その美味しさに、友人も大いに喜んで
くれました。その後名古屋駅まで送り、次の再会を約束して別れました。

歳を重ねると、次第に交友関係も狭くなりますが、深く長く付き合える友人として
その関係を大切にしたいと思います。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「クリスマス・イヴ」 [食事]

今年のクリスマス・イヴは久々の平日です。4年連続で「マリノ」で食事をしました。
午後6時に予約していましたが、お店は既に満員でした。

ワインで静かに乾杯します。

IMG_1048.JPG IMG_1045.JPG

昨年と違い家内と二人での食事ですが、これはこれでいいものです。

IMG_1046.JPG IMG_1047.JPG

ピザもパスタも美味しく、落ち着いて、素敵な時間を過ごすことができました。

ところでクリスマス・イヴになると必ず思い出すのが、チャールズ・ディケンズの
『クリスマス・キャロル』です。小学生の時に読んだこの小説は、何十年と経っても、
決して忘れることがありません。
主人公スクルージがクリスマス・キャロルを歌いにきた少年たちの寄付を渋るところから
物語は始まります。そんな強欲な主人公の気持ちが徐々に変化するのを、子供ながらに
感動を覚えました。

家内と何気ない話をして、美味しいお酒と食事ができる。それで十分です。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「覇王の家」 [本]

司馬遼太郎氏の「覇王の家」を読みました。
司馬作品は、昨年来ずっと読み続けていますが、この本はとりわけ面白かったです。

IMG_1038.JPG
新潮文庫

徳川家康という人間像を深く知るには、司馬作品である「覇王の家」、「関ケ原」、「城塞」
の3作品を読めば十分だと思います。
「覇王の家」は家康の幼少期から小牧長久手の戦い(1584年)の頃まで、
「関ケ原」はご存知天下分け目の戦いといわれる1600年にあった石田三成との戦い、
「城塞」は豊臣秀頼、淀君側の視点から書き下ろした作品ですが、大坂冬の陣、夏の陣
で秀頼、淀殿を自害に追い込んだ家康が実によく描かれています。

「覇王の家」を読み終えて、家康が唯一完膚なまでに叩きのめされた三方ヶ原の戦い
の経緯や、なぜ正妻の築山殿や長男信康を殺すに至ったかなど、明確に知ることができ
ました。
自称歴史好きな自分にとって愛知県に住んでいることを幸運に思います。
小牧長久手の戦いに出てくる、家康の拠点の小牧山城、秀吉の拠点の犬山城、信雄の拠点
清州城、主戦場の長久手の古戦場も自宅からそう遠くはなく、当時の雰囲気を味わいたい時
は、いつでも訪れることがきます。

それにしても、三大英傑の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が全て愛知で誕生したことは
奇跡と言えます。日本史って本当に奥深く楽しいです。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

忘年会 [お酒]

昨日、いつもご一緒する友人と市内で忘年会をしました。
「かしわ屋治兵衛」という焼き鳥やで飲み、その後「錦」で3軒はしごしました。

ZTz55Q.jpg

料理の写真を撮り損ねましたが、串は大振りで、レバーやハツなどの刺身も新鮮でとても
美味しかったです。

振り返れば前職時代は、この時期「忘年会」が続きました。会社、部、得意先、下請先、
友人とかなりの頻度で、今から思うとよく体が持ったっものです(失敗も多かったですが)

先日テレビで報道されていましたが、今は忘年会をスルーする人が多くなっているようです。
とは言え、それは私達の時代もなかったわけではありません。決定的に違うのは、
当時は会社でおこなう場合、会費は全て会社負担でした。(それが当然だと考えていました)
今は自己負担の企業も多いとのこと。5千円程の会費が勿体ないという発想は、私には理解
し辛いですが、飲みたくない相手(上司)ならそれもありえるのかもしれません。

今はそういったしがらみから解放され、本当に飲みたい人とじっくり楽しく飲む
ことができるわけですが、泥酔してタクシー帰りの時代が懐かしくもあります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本管財 優待 [株主優待]

日本管財(東証1部:9728)から株主優待が届きました。
確定月は3月末、9月末の年2回です。

今回もカタログで56品目の中から選びます。
選んだ商品は、「小豆パイ・ヴァッフェル和菓子詰合せ」です。

IMG_1040.JPG

万年筆や長傘、メンズベルトなどもありますが、どうしてもお菓子類を選択してしま
います。

早速お仏壇に供えてから美味しくいただこうと思います。

ちなみに優待は以下の通りです。
保有期間3年未満:2,000円相当の「ギフトカタログ」掲載品目から1つ
継続保有3年以上:3,000円相当の「ギフトカタログ」掲載品目から1つ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

正栄食品工業 優待 [株主優待]

正栄食品工業(東証1部:8079)から株主優待が届きました。
確定月は4月末、10月末の年2回です。

大きなダンボール箱を開けるとお菓子が一杯。

IMG_1037.JPG

取り出して並べて見ると懐かしい干支(来年の干支ねずみでした)のチョコレートを
始め、私の好きそうなお菓子が盛沢山でした。
いちごミルクの練乳といった珍しいものまで入っていました。

IMG_1034.JPG

ちなみに今年6月に届いた商品はこれです。

IMG_0770.jpg

6月に届いた商品は、クッキーやナッツが多かったのですが、今回はチョコレートが
圧倒的に多く入っていました。1回目と2回目の種類を大きく変えているのも、
飽きがこなくて嬉しいです。
ただこれだけ甘い物が多いと、誘惑に負けて当分体重は減りそうにありません。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

フジオフードシステム 優待 [株主優待]

フジオフードシステム(東証1部:2752)から株主優待が届きました。
確定月は、6月、12月の年2回です。

優待品リストから今回選んだのは、まいどおおきにカレー15袋です。

IMG_1033.JPG

ちなみに前回は、「博多ふくいち辛子明太子」でした。
それにしても、15袋という数は凄いです。1袋当たりの分量はそう多くないですが、
小腹が空いた時に、ちょっと食べるのには十分です。

ところでフジオフードシステムは、来月12月31日現在の株式を2分割します。
この発表があって、株価は急騰しました。ここの株は昨年11月に取得しましたが、
その時は一株2000円前後でした。今は3500円前後まで上がっています。
3000円相当の優待が年2回貰えることもあり、キャピタルゲインとインカムゲイン
の両方満足できる株と言えます。
これからもずっと優待を楽しみながら応援していくつもりです。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

小料理屋「しばた」 [食事]

昨日、鷲ヶ岳の別荘に誘っていただいた友人の知るお店に連れて行っていただきました。

尾張瀬戸駅から徒歩10分、アピタ瀬戸店南にある『しばた』割烹小料理屋です。

IMG_1031.JPG IMG_1032.JPG

こじんまりとした外観ですが、店内は落ち着いた雰囲気です。
2つの半個室と6人程が座れるカウンターで、夫婦と思われる二人で切り盛りしていました。

夜は3つの会席がコースとしてあります。
注文したのは、一番お値打ちなコースです。

IMG_1022.JPG IMG_1023.JPG IMG_1024.JPG IMG_1026.JPG

IMG_1027.JPG IMG_1028.JPG IMG_1029.JPG IMG_1030.JPG

家庭的な味で、特に茶碗蒸しは具がたくさんでとても美味しかったです。
飲みが中心ですので、これくらいの品数でも満足できます。

瀬戸市は私の住む市と隣接していますが、普段食事で来ることはほとんどありません。
路地裏の小さなお店ですが、隠れ家的な雰囲気で、ランチで行くのもよいのでは・・。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「ターミネーター: ニュー・フェイト」 [映画・TV]

「ターミネーター:ニュー・フェイト」を観てきました。

IMG_1019.JPG e0862003815ff2b6.jpg

第1作目を観たときから「ターミネーター」シリーズのファンです。
初めて観た時、特撮の凄さに驚かされたものです。
今回6作目ですが、アーノルド・シュワルツェネッガーが出ていたのも嬉しいですし、
サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンも重要なキャストで出演しています。
第1作から既に35年経っています。シュワルツェネッガー72歳、ハミルトン63歳と、
さすがに二人とも老けましたが、それは観る私も一緒ですが・・。
ストーリーの構成は、2作目、3作目とほとんど変わりありませんが、分かっていても
ハラハラドキドキの連続で、十分に楽しめる作品です。
それにしても最近、映画館に行く回数が増えています。
夫婦50割引きでいつでも1100円で観ることができますし、庶民の娯楽としては
最適といえます。

映画を終えたのは午後6時を過ぎていたので、「にぎりの徳兵衛」で夕食を済ませました。
シャリの大きさが選べ、ネタも大振りで美味しかったです。

IMG_1021.JPG

コロワイド、アトムの株主であれば、優待カードが利用できます。

<内容>
ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目
「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。
人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。
メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来
から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやって
きたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。
何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、
かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。
リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカムバックし、シリーズの顔である
T-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

素晴らしい作品を忘れない! [本]

作家眉村卓氏が亡くなられました。

私が中学・高校の頃夢中になって読んだのが、眉村卓氏の作品でした。
眉村作品で、最初に買った小説が、「天才はつくられる」だったと思います。
「れらわれた学園」、「とらえられたスクールバス」等、学園物シリーズは、
自分の世代にピッタリで、読み始めると止まらなくなりました。
また「わがセクソイド」は、人間とアンドロイドが恋に落ちるストーリですが、
ラストが悲しい結末で、今でも深く記憶に残っています。
更に「C席の客」など、ショートストーリーも抜群に面白い作品を数多く残されています。

当時の本はほとんど廃棄してきましたが、眉村卓氏の作品は、処分するのが惜しく、
一部まだ手元に残しています。

IMG_1017.JPG

それだけ思い入れが強かったのだと思います。
年数が経ち、本は随分傷んでいますが、今一度若き日に戻った気分で読み直して
みようと思います。
眉村先生、心よりご冥福をお祈りいたします。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Yesterday [映画・TV]

家内と一緒に長久手シネマで映画を観てきました。
「Yesterday」です。

IMG_1002.JPG _.jpg

中々面白かったです。
78歳になったジョン・レノンが生きているという設定(ジョンにそっくりでした)と、
ビートルズの曲を、主人公以外に何故二人いたのかという点が少々難解ですが、
ビートルズの曲をたっぷりと楽しむことができました。
最後のエンドーロールに流れた曲は、「Hei Jude」でしたが、観客は最後まで誰一人席を
立つ人はいませんでした。年齢層もやや高く、皆ビートルズファンなんだと思います。

私自身はビートルズ世代より少し若いですが、兄の影響もあって子供のころからよく
聴いてきました。

1962年にレコードデビューして1970年に解散。活動期間は僅か8年もありません。
全世界での総レコード・カセット・CD・ダウンロード・ストリーミング等の売上総数は
6億枚を超えており最も成功したグループアーティストといえます。

「Yesterday」、「Let it be」、「Come together」、「Hei Jude」、「A hard day's night」
など、曲名を出すと本当に心に残る曲が多いのに驚かされます。今もCDを聴きながら
ブログを書いています。
ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンがいない今、ビートルズの再結成は不可能ですが、
歴史上最高のバンドであることは間違いありません。

ビートルズを知らない人間に彼らの曲を聴かせたら、この映画のようなことが起こるこ
とも不思議ではないと思ってしまいました。
ビートルズフアンでなくても是非観て欲しいお勧めの1本です。

映画鑑賞後は、「しゃぶ菜」で夕食を取ります。

IMG_1013.JPG IMG_1015.JPG

レモンサワーが上手い!
実にいい気分転換になりました。

<あらすじ>
音楽、夢、友情、そしてこれらすべてに対する深い愛をザ・ビートルズの名曲たちに
彩られて描かれる本作。『トレインスポッティング』を手掛けたダニー・ボイルが監督
を務める。ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。
幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名
になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、
彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、
ザ・ビートルズの存在を覚えているのは世界で一人、ジャックだけになっていた......。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

30年という重み [お酒]

昨日、知人と錦で待ち合せ飲みました。
先日家族を連れて行ったイタリアンで2時間程談笑して、2次会に繰り出します。
その店から徒歩5分のところにあるラウンジです。

先日この店のママからメールが入り、30周年を迎えるので顔を見せて欲しいとの
ことでした。
前職時代この店を初めて訪れてから丸9年が経ちます。企業も「創業寿命30年説」
があるように、競争の激しい飲食業界で30年続けることは大変なことです。
実際私の過去行きつけの店の半数以上は、今はありません。

ママやスタッフの頑張りを祝して、ワインで乾杯しました。

DSC_0018.JPG

クラブやラウンジは、第一線で働く社会人でこそ、楽しい場であると思います。
ただ歳を重ねても1~2軒は、行きつけの店は残しておきたいものです。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -